枯れた大地に用水路を 中村哲医師の話とJICAの取り組み

    2020-11-14

    令和2年11月14日(土)、「咸宜っ子体験教室」の第5講を開催しました。

    今回は、「枯れた大地に用水路を築く ~中村哲医師の話とJICAの取り組み~」

    と題して、DVD上映と学習会を開催しました。

    講師には、JICAデスク大分 国際協力推進員の井本望さんに来ていただきました。



    まずはDVDの上映。

    「アフガニスタン 干ばつの大地に用水路を拓く ~治水技術 7年の記録~」

    を観ました。



    中村哲医師。

    ニュースや新聞などで聞いたことがある、見たことがある、

    という人がほとんどでしたが、詳しくは知らなかったようです。

    2019年、アフガニスタンにて武装勢力に銃撃され死去された中村哲医師が、

    戦乱の干ばつのアフガニスタンで、 無謀とも思える土木工事に挑み

    2003年3月から7年の歳月をかけて全長25.5キロの用水路を完工、

    3000ヘクタールの農地を甦えらせました。

    戦乱の地に真の平和をもたらすものは何か、静かに問いかける7年間の記録DVDです。

     

    DVDを観た後は、井本さんのお話。

    JICAの取り組みや、JICAと中村哲医師の関わりなどをお話していただきました。

     
     

    中村哲医師の偉大な功績、水や食料の大切さ、

    貧困や教育、戦争など開発途上国の現状、海外支援の必要性、

    そして日本で暮らしている私たちがどれだけ恵まれているのか、

    多くのことを学んでくれたようです。

     

    Copyright(c) 日田市咸宜公民館, All Rights Reserved.