公民館だより 平成30年10月15日号 upしました

    2018-10-15

    公民館だより 平成30年10月15日号をupしました。

    皆さん、ご覧になってくださいね。

    風情あふれる水上散歩と懐かしの古賀メロディー

    2018-10-04

    10月4日(木)「敬天セミナー」の第4講を開催しました。

    今回は研修旅行、柳川市、大川市などに行ってきました。

    まず最初に行ったのは、清水寺本坊庭園。

    室町時代に雪舟が造ったと伝えられています。

    とってもキレイなところでしたが、紅葉の時期だともっとキレイになりそうです。

     


    続いて本日のメイン、柳川川下り。約4km、1時間ほどの船旅です。

    狭い水門を通ったり、ギリギリの高さの橋の下をくぐったり、

    途中、柳川市出身の詩人・北原白秋の詩を記した石碑や銅像などもあり、

    船頭さんが詩を読んだり、童謡を歌ったりしてくれました。

    船頭さんの楽しいガイドを聞きながら、ゆったりとした気分で楽しみました♪

       
     

    お昼ご飯は柳川の名物、ウナギのせいろ蒸し。とっても美味しかったです。



    昼食の後は、古賀政男記念館を見学。

    山田館長が古賀メロディーをギターで演奏、

    教室生の皆さんが合唱して楽しく過ごすことができました。



    本日最後は、国指定重要文化財になっている筑後川昇開橋の見学です。

    もともと鉄道用可動式橋梁でしたが、

    佐賀線の廃線後も保存され、現在は歩道橋として活用されています。

     
     

    以上で全行程が終了!

    天気予報では1日中雨でしたので心配していましたが、

    最後まで持ちこたえてくれました。

    おかげで1日楽しく過ごすことができました♪

     

    淡窓の心、淡窓の教え どう生かすか ~咸宜学~

    2018-09-27

    9月27日(木)「咸宜学」の第5講を開催しました。

    前回、前々回に引き続き、廣瀬資料館の中島龍磨館長を講師にお招きし、

    「淡窓が今に生きる私たちに願うこと期待すること」と題して講演していただきました。

    前回までは、淡窓がやってきたこと、残したものについて学びました。

    今回は、その淡窓が残してきたものを、現在にどう生かしていくのか、

    また、どのように生かされているのかを話していただきました。

    今までにない淡窓の講話で、とても勉強になりました。

     

    大切な遺言や契約 公正証書が守ります

    2018-09-26

    9月26日(水)、「成人セミナー」の第4講を開催。

    今回は日田公証役場から公証人の武下満氏をお招きし、

    「残された人たちのために知ろう「遺言」しておこう「遺言」」

    と題しまして、講演していただきました。

    とっても役立つ公正証書の遺言について、わかりやすく説明していただきました。

     
     

    「みどりの教室」最終講は、迫力の巨木巡り

    2018-09-21

    9月21日(金)、「みどりの教室」の最終講を開催。

    今回は研修旅行、佐賀県武雄市の巨木巡りに行ってきました。

    まず最初に訪れたのは…

    巨木ではなく、国指定重要文化財である武雄温泉の楼門と新館を見学しました。

       

    武雄温泉楼門2階の天井には、

    子(ね)・卯(う)・午(うま)・酉(とり)の四干支の彫絵が存在しています。

    残りの八干支は東京駅の天井にレリーフとして存在しており、

    明治・大正時代を代表する建築家 辰野金吾氏が仕掛けたミステリーと注目を集めています。

      
     

    そして、楼門・新館の設計を辰野氏に依頼したのは、
    武雄温泉株式会社初代社長の宮原忠直氏。

    宮原氏はなんと、17歳の頃に咸宜園に入門したそうです。
    説明のパネルにも書かれていました。↓↓↓

     

    ここから巨木巡りの始まりです。

    まず最初は武雄神社に行き、武雄の大楠を見学しました。

    武雄の大楠は全国巨木第7位にランクし、

    樹齢3000年以上で、武雄市の天然記念物に指定されています。

    樹高30m、幹回り20m、枝張りは東西30m・南北33m。

    武雄市内最古の神社、武雄神社の神木となっています。

     
     
     

    次に向かったのが、塚崎の大楠。

    県内第3位の巨木で、樹齢は2000年とも3000年とも言われ、

    武雄市の天然記念物に指定されています。

    樹高18m(南側の史枝)、幹回り13.6m、枝張りは東西18m、南北15m。

    昭和38年に落雷に遭い、残念ながら本幹の9m以上が失われましたが、

    根回りは38mに及び、かつては壮大な姿を誇っていたと想像されます。

     
     

    昼食を取った後、本日最後の目的地、川古の大楠を見学しました。

    全国巨木第5位にランクし、樹齢3000年以上と言われ、

    国の天然記念物に指定されています。

    樹高25m、幹回り21m、枝張りは東西・南北27m。

    本幹は空洞化し、稲荷の石碑が祀られています。

     
     

    また、川古の大楠公園内の「為朝館」で、

    地元の伝説である源為朝による黒髪山の大蛇退治の
    カラクリ人形劇を観ることができました。

     

    これで、本年度の「みどりの教室」は全て終了。

    この講座で学んだことを、周りの人にも伝えてもらえれば嬉しく思います。

    親子で夏バテさようなら 子育てサロンでヨガ体験

    2018-09-20

    9月20日(木)、咸宜地区社会福祉協議会主催の

    「子育てサロン」が咸宜公民館で開催されました。

    今回の内容は、「親子で夏バテさようなら」

    ヨガでリラックスして、今年の暑い夏の疲れを吹き飛ばしました。

     
     

    フリーアナウンサー 松本久美子氏の講演 ~月化セミナー~

    2018-09-18

    9月18日(火)、「月化セミナー」の第4講を開催しました。

    今回は元NHKアナウンサーの松本久美子氏を講師に迎え、

    「人間力>女性力 ガラスの壁を越えて」と題して講演していただきました。

    また今回は、日田市男女共同参画セミナーとして、

    咸宜地区の方全員を対象とした公開講座として開催しました。

    人と人との関係、傾聴の大切さなどを、丁寧にわかりやすく説明していただきました。

     
     

    咸宜っ子 世界遺産バスツアー 幕末維新記念館

    2018-09-15

    DSC_0944.JPG DSC_0952.JPG DSC_0958.JPG DSC_0963.JPG DSC_0968.JPG DSC_0970.JPG

    本日最後の行程、幕末維新記念館です。最新技術を駆使した映像や、パフォーマーの演技などで、幕末維新期の佐賀の偉業や偉人の活躍を紹介している施設です。
    佐賀ってスゴイ!って思いました。

    咸宜っ子 世界遺産バスツアー 肥前国庁跡資料館

    2018-09-15

    DSC_0925.JPG DSC_0929.JPG DSC_0930.JPG DSC_0931.JPG DSC_0933.JPG DSC_0941.JPG

    昼ごはんが終わったら、肥前国庁跡資料館を見学しました。クイズに挑戦しながらでしたが、かなり難易度高いクイズでした。
    それでも1名、全問正解者がいました❗

    咸宜っ子 世界遺産バスツアー お昼ご飯

    2018-09-15

    DSC_0923.JPG DSC_0924.JPG

    昼食タイムです❗肥前国庁跡資料館におじゃましています。

    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市咸宜公民館, All Rights Reserved.