絵本セラピーで、新たな気づき

    2020-12-23

    R2年12月23日(水)、「成人セミナー」の第5講を開催しました。

    今回は、絵本セラピストのデミちゃんこと佐藤日出美さんに来ていただき、

    「子どもから大人になぜ絵本を伝えているのか」と題して、

    絵本セラピーを体験しました。

    デミちゃんの読み聞かせの後、

    絵本の内容に沿って自分のことや感想などを他の人と共有。

    今まで忘れかけていた気持ちやいろんな考え方に触れ、

    新たな気づきを得ることができたようです。

    そして、デミちゃんの読み聞かせが素晴らしく、

    参加者の皆さん、とても癒されていたようです。

     
     

     

    ラベンダーの香りのポプリ作り ~2班~

    2020-10-28

    R2年10月28日(水)、「成人セミナー」の第3講、

    一昨日の第1班に続き、第2班を開催しました。

    内容は「ポプリ作り」、

    講師は、ゆうちゃんちのハーブ園(大山町)の川津富子さんです。



    今回も前回同様にリボンを選んで、

    2枚の白い布にラベンダーの香り袋を入れて縫い合わせていきました。

     
     

    皆さん、可愛く作りましたよ。



     

    ラベンダーの香りのポプリ作り ~1班~

    2020-10-26

    R2年10月26日(月)、「成人セミナー」の第3講を開催しました。

    今回は「ポプリ作り」に挑戦。会場・人数の関係で2班に分けての開催です。

    講師には、ゆうちゃんちのハーブ園(大山町)から川津富子さんに来ていただきました。



    色とりどりのリボンを選んで、

    2枚の白い布にラベンダーの香り袋を入れて縫い合わせていきました。

     
     

    皆さん、可愛らしい作品を作り上げましたよ。



    ラベンダーには、リラックスや安眠の効果があるそうです。

    今回の作品を枕元においておけば、ぐっすり眠れそうですね。

     

    本物の隕石に触らせてもらいました!

    2020-09-23

    R2年9月23日(水)、「成人セミナー」の第2講を開催しました。

    今回は、大分県天文協会の会長 山本幸司さんに来ていただき、

    「秋の星座と3大惑星観測会」と題して開催しました。



    開催日は、月・土星・木星・火星を観測することができる好条件の日!

    まずは、秋の星座や月の呼び方とその由来、

    そして観測予定の惑星について説明していただき、



    その後、お楽しみの天体観測・・・

    の予定でしたが、残念ながらの曇り空。

    天体観測をすることはできませんでした。

    それでも、隕石やクレーターについて説明していただき、

    その後、本物の隕石に触らせていただきました。

     

    天体観測ができなかったのは残念でしたが、

    本物の隕石に触れて、皆さん喜んでくれました。

    成人セミナーで楽しく「人権」学習

    2020-08-26

    令和2年8月26日(水)、コロナ禍の中、例年より2カ月遅れて

    咸宜地区の成人の方を対象とした「成人セミナー」の第1講を開催しました。

    講師には、佐伯市から宮明邦夫さんに来ていただき

    「笑顔で学ぶ身近な人権」と題して、講演していただきました。

    宮明さんは県南落語組合に所属していることもあり、

    今回は「人権」をテーマとした難しそうな学習会でしたが、

    誰もが興味を持つ健康、特に呼吸のツボの話を交えながら

    楽しく面白くお話していただきました。

     
     

     

    令和2年度「成人セミナー」受講生募集中!

    2020-07-29

    咸宜地区在住の成人の方を対象とした公民館主催事業「成人セミナー」、

    こちらもようやくスタートします。

    やはり、新型コロナウイルス感染症の予防対策として、

    定員を20名と大幅に少なくしての募集になります。

    申込者多数の場合は、申し訳ありませんが抽選とさせていただきます。

    詳しくは、募集チラシをご覧ください。

    募集チラシはホームページのほか、

    日田市報8月1日号と一緒に、各世帯に配布していただく予定です。



     

    新型コロナウイルス感染症拡大に伴う事業中止のお知らせ

    2020-02-27

    咸宜公民館では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、
    参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、
    下記の公民館主催事業の開催を中止することといたしました。

    ・ 2月 27日(木) すずめの学校
    ・ 3月 1日(日) 咸宜公民館ふれあいまつり
    ・ 3月 1日(日) 咸宜っ子体験教室 商人体験
    ・ 3月 21日(土) 春の音楽会
    ・ 3月 26日(木) すずめの学校
    ・ 3月 27日(金) 咸宜っ子体験教室 活動報告会準備
    ・ 3月 27日(金) 咸宜っ子体験教室 活動報告会・閉講式
    ・ 3月中の公民館サークル(自主学習教室)全て

    皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、
    ご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

    答えはどこに?「答えは落語の中にあった」

    2020-02-26

    R2年2月26日(水)、「成人セミナー」の第8講を開催しました。
    今回は、大分県人権問題講師団の進 美保子さんに来ていただき、
    「答えは落語の中にあった」と題して講演していただきました。
    矢野大和さんの弟子でもあるという進さん、
    落語「井戸の茶碗」の話を例に挙げ、楽しくお話していただきました。

     

    食は命なり! 良い食品の条件は?

    2020-01-22

    R2年1月22日(水)、「成人セミナー」の第7講を開催しました。

    今回は、管理栄養士の樋口勝子さんを講師に招き、

    「食は命なり!」と題して講演していただきました。

    樋口先生の講演会は、昨年9月の「月化セミナー」に続き、今年度2回目です。

    最初に、先生が作ってきてくれたみそ汁ともやしのカレー酢を試食し、

    その後、健康な生活を送るために心がける食生活や

    食品添加物の怖さなどを説明していただきました。

    今回の話を参考に、ちょっとずつでも食生活を改善していきたいですね。

     
     

     

    日本の民族衣装「きもの」の装い方を学ぶ

    2019-11-27

    R1年11月27日(水)、「成人セミナー」の第6講を開催しました。

    NPO法人ひた琇未会から小野琇未さんに来ていただき、

    「きものを装うこと」と題して講演していただきました。



    最初はきものについての説明。

    織り方・染め方による違いや

    目的・環境・立場によるきものの選び方などお話していただきました。


    続いて、「風呂敷」噺(ばなし)。

    名前の由来をお話していただき、その後、風呂敷の包み方を実際にやってみました。

    まずは真結びから。

    先生に説明・実演していただいて、



    受講生の皆さんも挑戦してみました。

    簡単なようで意外と難しかったようです。

     

    次に瓶包み。

    こちらも説明・実演の後、

     

    1本の包み方、2本の包み方をやってみました。

     


    最後に受講生から依頼のあった、袴の着方を教わりました。



    今度は、女性のきものについても実習してほしいとの声がありました。


    きものは世界に誇る日本の民族衣装、歴史と伝統に培われた文化、

    タンスに眠らせないで、是非着て欲しいとのお話でした。

     

    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市咸宜公民館, All Rights Reserved.