台風接近により延期

    2018-07-03

    7月3日に予定していた朝日大学第2講は、台風接近のため延期させていただきました。

    開講日を、7月11日とさせていただきます。



    ご参加をお待ちしております。




    お金の話がでたら ウソ電話!

    2018-05-17

    3月から光岡駐在所で勤務されている、平田中警部補さんを講師にお迎えし、本年度の朝日大学が開講しました。


    薄日が差し、過ごしやすい朝でした。




    自転車で来られたり。




    徒歩で来られたり。




    和室では健康相談を行っています。




    今回のお話しは、「特殊詐欺被害防止と交通安全」でした。





    電話でお金の話が出たら、絶対に信じてはいけません。

    犯人は言葉巧みに迫ってきます。オレオレ詐欺対策で大切なのは、
     家族で話し合っておく
     留守番電話にしておく
     非通知等には出ない
     合言葉を決めておく
     元の電話にかけてみる
     家族や知人に相談する
    との事です。

    また、電話で還付金の通知はありませんし、警察官や銀行員などが暗証番号などを聴くことはあり得ません。

    とにかく身近な人に相談することが大切です。

    参加者からも、詐欺電話がかかってきた体験談を聞きました。横で寝ていた息子さんを名乗った電話だったそうで、すぐに気づいたそうです。

    参加者には、電話機に貼る啓発グッズを配布しました。



    活用して、特殊詐欺を根絶しましょう。




    おくすりのはなし

    2015-12-17

    朝日大学第5講は岩里孝子先生を講師にお迎えし、「お薬講座」を開催しました。

    病院で医師が診察し薬局で処方されたお薬を、どのように服用するのが最も効果的なのか、複数の薬局から処方がある場合、飲み合わせによっては効果が強くなりすぎたり無くなったりするのでお薬手帳が重要であることなど、すぐにできることを解りやすく教えてくれました。





    特に重要なのは処方された薬を、「よくなったからと言って飲むのを勝手にやめない」、「飲み忘れたからと言って一度に多く飲まない」、「人にあげない」、「人からもらわない」との事で、一人一人の病状に合わせて処方された薬なので特に気を付けてほしいと話されました。




    平和を願って

    2015-09-03

    国東市国見町の浪曲師、天津洋子先生による浪曲公演会を行い、朝日大学受講生をはじめ地域の皆さん58名が集まりました。





    今年は戦後70年の節目に当たることから、改めて「いのちと平和の尊さ」を考えようと計画したもので、特別攻撃隊として出撃する時の隊員の気持ちを演じた「あゝ特別攻撃隊」、原爆で被爆し大やけどを負った母と、その母が身を呈することにより守り抜いた幼い子との絆を演じた「原爆の母」を披露していただきました。







    迫真の演技は参加者の心に響き、目頭を熱くさせました。




    高齢者の交通安全

    2015-07-16

    朝日大学第2講は光岡駐在所の加藤貴彦さんを講師に迎え、高齢者が特に気をつけるべき交通安全の講話を行いました。



    歩行者が道路を横断する際、あと3歩で渡り終わる頃の交通事故が多いとの事で、皆さんに気をつけて欲しいとの事でした。




    朝日大学第1講

    2015-05-13

    朝日大学受講生40名が集まり平成27年度開講式と、第1講のバス研修を行い中津江村と大山町を訪ねました。昨年9月に講演いただいた、中津江村地球財団の坂本休理事長とのご縁で計画したものです。

    鯛生金山は経済産業省の「近代化産業遺産」に登録されており、繁栄の姿を今に残す坑道や資料の数々を展示しています。

    坑道の中を40分ほど歩きましたが、当時では最先端の機械類が並び、採掘の様子が人形等を使い分かりやすく説明されていました。

    続いて大分県指定文化財である伝来寺庭園を訪ねました。鎌倉時代初期に造られたもので、池や石組みを配し花や木が描く姿に、参加者は興味深く見入っていました。



    大山しゃくなげ園では、100種類約2万本ものしゃくなげがあり、見ごろである西洋しゃくなげを中心に30分ほどのコースを歩いて見学しました。




    骨盤底筋鍛えて元気生活

    2013-09-18

    9月18日(水)、午前9時30分より朝日大学第2講を開催いたしました。

    今回のテーマは「より健康な生活を過ごすために~骨盤底筋体操で快適生活~」
    講師に、大分県社会福祉介護研修センター職員の中村里香さんをお招きして
    お話と実技を行いました。

    お話は、「排泄のしくみと尿失禁について」。
    排泄、は「出す」だけでなく「溜める」ことも大切な機能であるということ、
    また、一口に「尿失禁」といっても色々な種類があり、それによって
    対処法も異なる、というお話などを伺いました。

    最後に、座ったままできる骨盤底筋を鍛える体操を行いました。
    おしりを早く「キュッ」と締める動きを5回、
    おしりをゆっくり5秒掛けて締め、また5秒掛けて緩める動きを5回。
    これを2回ずつ行い、1日10セット!すると良いそうです。
    (確か・・・)
    この体操をすると、骨盤底筋によいだけではなく、
    腹筋や背筋がピンと伸びて姿勢が良くなります。
    これで見た目年齢がグンと下がります!

    「快眠」「快食」「快便」で健康年齢を伸ばしましょう♪


    皆で楽しく骨盤底筋体操♪

    2013-09-09

    来る平成25年9月18日(水)、午前9時30分より
    朝日大学第2講といたしまして、大分県社会福祉介護研修センターの方を
    お招きし、「骨盤底筋体操」の講座を開催します。

    詳しくは下のチラシをご覧ください。

    まずは、先生から排尿のしくみ等のお話を伺い、その後に
    30分程度、実際に骨盤底筋体操をやってみます。
    座ってできる簡単な体操ですので、お気軽にご参加ください。

    報恩感謝(朝日大学第6講)

    2013-03-12

    3月12日(火)、午前10時より朝日大学第6講を開催いたしました。

    本日の講演は「報恩感謝」。
    講師に耶馬渓の弘法寺住職、吉武隆善先生をお迎えいたしました。

    昨年度につづいて、朝日公民館で講演をいただくのは2度目です。
    前回おはなしを聞かれた方からの熱烈なアンコールを頂戴し、今年度も
    再び朝日公民館にお越しいただきました。

    講演は、お話を伺うだけではなく、歌ったり、体を動かしたり、
    絵本の読み聞かせをしていただいたり、俳句を読んだり・・・と
    あっという間の1時間半でした。

    とても元気いっぱいな先生のお話を伺い、人権について、命について、
    親について、感謝するということについて、いろいろと考えさせられました。

    ※補足※
    読み聞かせていただいた絵本「いのちのまつり」。
    (作: 草場一壽/絵: 平安座資尚/出版社: サンマーク出版 )
    命のつながり、大切さ、すごさ、いろんなことがいっぱい詰まった
    素敵な絵本でした。


    安心に暮らせる地域づくり

    2013-02-05

    2月5日(火)、朝日大学第5講といたしまして、
    日田市西部地域包括支援センターの方に
    「安心に暮らせる地域づくり」についてご講演いただきました。

    高齢者の虐待について、日田市でも年10回以上の事例があり
    決して他人事の話ではない、とのお話がとても驚きでした。

    また、「介護予防」についてもお話いただきました。
    朝日大学を受講いただくことも、立派な「介護予防」だそうです!
    皆様、是非今後ともご参加くださいませ!

    次回の朝日大学は、吉武隆善先生によるご講演です!
    お楽しみに♪


    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市朝日公民館, All Rights Reserved.