ステップ運動教室体験会を開催

    2019-05-22

    前津江公民館では6月よりステップ運動教室を自主学習教室としてスタートするにあたり、

    体験会を午前の部と夜の部の2本立てで開催しました。

    日田市で1年間の研修を修了したステップリーダー5名と、市内よりスロージョギングアドバンスインストラクター1名、教室体験参加者12名が集まりました。

     


     


    午前の部の体験会のようす

     


     


     

     


    夜の部では沢山の参加者が集まりました。

     


     


     

    やはり皆さん健康にとても関心があるようです。「痩せた」「体脂肪が減った」「筋力がついた」などかなり効果がでる「ステップ運動」

     

    参加者の希望で「前津江公民館」教室と「出野交流センター」の2か所で開催予定です。

    あいさつ運動「対面式」を行いました

    2019-05-16

    平成25年「前津江町あいさつ運動推進委員会」を発足し、毎月第2火曜日の小学校児童中学校生徒登校時「あいさつ運動」に前津江町住民全体で取り組んでいますが、児童生徒と地域住民との「対面式」を5月15日(水)に開催しました。


     

    「前津江町あいさつ運動推進委員会」会長よりご挨拶

     


     

    3つのスクールバスごとに乗車する児童生徒と、スクールバス運転手さんの紹介

     


     

    小学生から「大きな声で地域の方々にあいさつします!」と決意表明

     


     

    続いて中学生も決意表明しました。

    「あいさつは心をつなぐあいことば」

    「いつでも どこでも だれにでも 明るいあいさつ 前津江っ子」

    少子高齢化の進む中、学校と地域が一体となって「あいさつ運動」を通し地域の人から見守られている

    存在感と安心感を児童生徒が感じ自尊感情の育成となるよう、また地域住民は運動を通し安らぎ感と連帯

    感を持つことができるよう本年度も取り組んでまいります。

     

     

     

    津江山系釈迦連峰山開きが開催されました

    2019-05-13

    第52回津江山系釈迦連峰山開きのイベントが5月12日(日)

    スノーピーク奥日田キャンプフィールドで開催され、市内外からのお客様で賑わいました。

    神事は前日11日(土)に催され、12日(日)は式典ほか餅まき、藤蔭高等学校吹奏楽部演奏、綱引き大会、バンドグループの演奏等がステージで行われました。

     

          
     

         
     

        
     

         
     

    前津江公民館成人事業「まえつえセミナー」も出店ブースで

    前津江の特産物である「わさび」の花を使った「しおり作り体験コーナー」を担当しました。

     


     

        
     

      
     


     

     

    心の栄養~幸齢者学級

    2019-04-18

    3月18日(月)、平成30年度最後の高齢者学級において人権講演会をおこないました。

    大分県人権問題講師団の安東さんによる「心の栄養~今が青春、笑顔でゴー!」をテーマに講演いただきました。

     


    365歩のマーチの大分弁バージョンを聴講者全員で合唱し講演がスタート。

    難病を患った安東さんのお子様の成長の中で気づいたこと、「笑顔」で居たらそれだけで感謝されたことなど、実体験を通して感じたことを優しい語り口でお話されました。

     


     


     


     


     

     

    前津江中学校人権講演会

    2019-04-01

    3月14日、前津江中学校育友会の日にあわせて人権講演会を中学校にて開催し

    前津江中学校生徒、保護者が聴講しました。

    講師は大分県人権問題講師団の安藤さんで「心にひびく言葉のチカラ」をテーマに講演されました。

    安藤さんは自身の思春期や社会に出て学んだこと感じたことを踏まえながら、また絵本の読み聞かせを

    取り入れながらお話ししました。

    絵本には中学生や保護者の心に響くメッセージがたくさん込められていました。

     


     


     


     

     

    一品持ち寄り座談会~まえつえセミナー

    2019-03-28

     

    まえつえセミナーでは本年度「前津江をPRするためにまず自分たちが良く知ろう!」ということで前津江の自然観察会や史跡めぐりほか様々な活動に取り組んできました。

    3月16日(土)「H30年度の活動のふりかえりと一品持ち寄り座談会」を開催しました。

    「一品持ち寄り」では前津江の郷土料理や漬物など「地域の食の宝物」を発見し食で地域おこしのきっかけにできればと開催しました。

     


     

    1年の活動のふりかえりと次年度にむけての方向性、活動計画を話し合いました。

    活発な意見がたくさん出ました。

     


     

    持ち寄り1品料理とは別に、地元の野菜と地元でとれたしし肉を使って「しし鍋」を調理しました。

     


     

    一品持ち寄り料理をバイキング風にして自由に試食しました。

     


     

     


     

     


    前津江のシオジ原生林がはぐぐんだ豊かな水。それで育てた野菜と郷土料理。

    「食」でも前津江がPRできたらよいです。

     

    前津江公民館まつりを開催しました。

    2019-03-11

    3月10日(日)、前津江公民館まつりを開催し、当日は雨にもかかわらず地域住民200名ほどが参集しました。

    自主学習教室生にによる学習成果発表ほか、まえつえジュニア倶楽部の1年間の活動発表、小学生による詩吟発表、

    まえつえ保育園児による遊戯、地域住民の飛び入り参加発表などがステージで行われました。

     

    作品展示コーナーでは、自主学習教室生、生きがいデイサービス利用者、公民館主催「デジカメ講座」受講生、

    地域住民による作品の数々が展示されました。

     


     


     

     


     


     

     


     


     

     


     


     

     


     


     

     


     


     


     


     


     

     

     

     


     

     

     


     

     

     

     

     

     

    地域づくり講演会を開催しました。

    2019-02-27

    2月25日(月)、前津江公民館において「地域づくり講演会」を開催し、地域住民34名が聴講しました。

    講師に、佐賀県地域づくりネットワーク協議会会長の多良さんをお招きし講演をいただきました。

     


     

    多良さんの所属する吉野ヶ里町地域おこしグループ「さざんか塾」は平成5年に発足して以来25年間様々なまちづくり活動を実践しています。

    廃耕田のコスモス・菜の花の栽培、草刈り、河川浄化などの環境づくり

    食と農の取り組み(そば・大豆をこどもたちと栽培・収穫・味噌づくり)

    日本茶発祥地としてPRイベント

    映画自主上映

    講演会企画

    竹をテーマにしたまちづくり(竹活用)

    次世代を担う子供たちの育成事業 など

    現在13名の塾生とのことですが

    基本理念「いろいろ考えるより先ずやってみよう!本気を出せば何でもやれる」をモットーに幅広い活動をされています。

     


     

    多良さんは「65歳から75歳のアクティブシニアこそが、地域おこしに活躍する世代。」

    「市民運動」でなく「志民運動」を起こそう!市民税でなく「志民税」を払おう!

    「志民税」の「志」=「汗・知恵・技術」です。

    「一人一品運動」をしよう!「一人一品」=「一人が得意なもの」を持ち寄りましょう!

     


     

    自分を活かす生きがいづくりとやりがいづくりのポイントは

    ”楽しみながら、半ボラ活動”

    例えば、自分の健康と趣味のため散歩する。これは自分のための行動です。

    ついでにビニール袋を持って、散歩の道すがらゴミを拾う。すると自分のためプラス地域社会の役にも立てる。」

    「無理をしないで、出来るときにできることを」

    とお話しされました。

     

    人権講演会と終わり式~まえつえチャレンジジュニア倶楽部

    2019-02-25

    2月16日(土)まえつえチャレンジジュニア倶楽部の終わり式を行いました。

    講師に、大分県人権啓発講師団の藤本さんにお越しいただき、音楽を通して、

    また折り紙のワークショップ、絵本の読み聞かせを通して、人とのコミュニケーションの取り方や大切さを学びました。

     

     

         
     

    名曲「糸」を合唱。

    誕生日ゲームでは、何もしゃべらず誕生月日順に並んでみました。喋らないので一生懸命相手の目を見て身振り手振りを観察してコミュニケーションを取りました。

     

     


     

    折り紙ワークショップでは、自分の選んだ折り紙の色、なぜその色を選んだのか皆に話します。

    話している人に耳を傾けて「へぇー、そうだったんだ!おしえてくれてありがとう!」とお礼をいいました。

    自分が話すことを聴いてくれて、同調してくれたら、皆嬉しいし「認めてもらえた」自信もつきます。

     

    次は何も喋らない、友達の折り方も見ることができないという状況で折り紙を折ってみました。

    友達に折り方を聞き直せないのでリタイヤ者が続出。

     

       
     

    2回目は「喋っても人のを見てもよい」とのことで、お友達に作り方を見せてもらったり、尋ねたりして

    全員が上手に折り紙を折りました。

     


     

    普段何気なくできている「コミュニケーション」も、それが出来なくなると「悲しい」「つらい」

    「さみしい」気持ちになることに気づきました。

    藤本さんに素敵な絵本を紹介していただきました。最後に合唱をして閉会しました。

     


     

     

     

     

    認知症予防に指先を使いましょう~柚木めだかの楽公

    2019-02-19

    2月18日(月)、柚木コミュニティーセンターにて「柚木めだかの楽公」を開催しました。

    今回は計算、音読プラス、指先を使うことは認知症予防になるということでクラフト作りをしました。

     


     


     


     


     

    1時間ほどでみなさん上手にキーホルダーを完成させました。

    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市前津江公民館, All Rights Reserved.