実習生が講話をしてくれました~にこにこステップ教室

    2021-09-09


    9月9日、大山公民館「にこにこステップ」教室において、日田市健康保険課より歯科衛生士さんが来られて「口の健康」について講話していただきました。








    その後、大分県立看護科学大学大学院生で保健師を目指す坂本さんが、実習の一環として健康講話をしてくださいました。








    日田市における病気の死因データを、手作りでグラフにまとめて分かりやすく説明してくれました。大山は脳血管で無くなる率が高いというデータにショッキング!




    血管が詰まる原因に「水分補給不足」が。




    「水分を30分ごとに100mlから200mlこまめにとって、血液がドロドロになるのをふせぎましょう」と坂本さん。












    最後にステップ運動とスロージョギングで良い汗を流しました。

    円形木琴作り~大山っ子体験教室

    2021-09-03


    夏休み中の大山っ子チャレンジ教室として7月28日、木育講座「円形木琴作り」を体験しました。








    円形木琴とは熊本大学の田口教授が考案された知育玩具で、ヒノキ木材の薄い板を円形台にさし、中に丸いヒノキ玉やビー玉を入れて鳴らします。田口教授がこの玩具の特許をとっていらっしゃいます。




    講師の川述さんが講座の許可をいただいてこの円形木琴作りを指導してくださいました。




















    ヒノキの良い香りと、中にビー玉を入れてまわすと「カラカラ♪」と木の優しい音色に癒されます。




    この作品作りを通して木のおもちゃの温もりを感じ取ってもらたらいいです。

    スマホ基礎講座

    2021-08-30


    8月24日~31日にかけて「5日間集中スマホ基礎講座」を開催中。




    基本操作、アカウントについて、インターネット検索、アプリを使ってみるなど学習しています。本日は4日目です。





    「口から考える健口長寿」~いきいき大学

    2021-08-25


    8月25日(水)、いきいき大学第2講では「口の健康」をテーマに講座を行いました。




    講師は歯科衛生士の原律子さん。コロナ禍で2年以上続くマスク生活の影響で口腔機能の衰え(固いものが食べにくくなった、お茶・汁物でむせる、口の渇きが気になる)を、75歳以上の高齢者の4人に一人が感じているというデータが。








    熱中症、頭痛、口臭、肌荒れ・・マスクにより酸素を取り入れにくくなったことで起こる様々な症状「マスクシンドローム」になっている人が多いとのこと。








    呼吸は本来「鼻」で息を吸って「鼻」で吐くものですが、舌の筋力が衰えたり姿勢が悪いことで口が自然と空き、「口呼吸」になってしまう人がおり、口呼吸が引きおこす様々なトラブル(歯周病、虫歯、口の乾燥、味覚の変化、唾液減少による自浄作用の低下・・・ひいてはバランス能力、俊敏性、脚力、運動能力、聴覚、視覚の低下などなど・・)




    舌を鍛える「舌👅トレ」体操や、口腔ケアについて教えていただき、参加者は高い関心をもって聴講しました。




    「口の健康」は「足の健康」にも繋がります。




    9月のいきいき講座は、「足育講座」です!

    奥日田でアドベンチャー体験~大山っ子チャレンジ教室

    2021-08-11


    大山っ子チャレンジ教室受講生は8月8日、中津江にある「フォレストアドベンチャー奥日田」でアドベンチャー体験を行いました。今回は保護者同伴、一緒に活動しました。







    まずはじめに練習コースで装具の使い方の説明を受けました







    「高―い!」















    中学生ボランティアも参加、保護者が参加できなかった小学生のフォローをしてくれました






















    ジップスライドは風を切ってビュンビュン!保護者のお父さん、お兄さん、お母さんも頑張りました














    小学生児童・保護者・中学生ボランティア一体となって励まし合い、チャレンジ精神でコース達成しました!

    自分に似合うカラーのヒント

    2021-07-26


    7月21日、大山公民館の女性セミナーが開講、第1講のテーマは「自分に似合うカラーのヒント」。コロナ禍で、おしゃれしてお出かけや食事に出る機会もぐっと減りましたが、女性の「おしゃれ心」忘れてはいけません。








    講師は市内でアトリエを営む小川千草さん。カラー診断シートで参加者のパーソナルカラー(春、夏、秋、冬)は何色か探しました。








    自分の似合う色が診断できたらブルーベース(青みの似合う人)とイエローベース(黄みの似合う人)グループ分けしました。








    色の合わせ方、似合う色、黒が似合う人、似合わない人のそれぞれの全体の割合などアドバイスをうけました。








    「大人の女性はアクセサリーの力を借りる!ネックレス、スカーフ、イヤリング、ブローチなどで盛ることで寂しい印象が一気におしゃれになります!」








    小川さんは「おしゃれとは不安定感。自分の苦手なものをわかっていながら着ると、おしゃれ感やドキドキ感がでます。」自分の色はこれ!と決めつけないで工夫して果敢に楽しく色にチャレンジしましょう」と話されました。




    いきいき大学開講しました!

    2021-07-14


    7月14日、高齢者学習「いきいき大学」第1講を開催し、30名が受講しました。




    テーマは「膝痛、腰痛、肩痛予防の実技と講話」で、わかみや病院の理学療法士さんを含むスタッフ3名が指導してくださいました。












    「正しい椅子の座り方」「洗顔時腰に負担がかからないようにする方法」「炊事の際の腰への負担軽減法」など実践的なことを教えていただきました。








    「腹筋背筋を鍛えるより、日常生活での動作で腰や膝に負担がかからないよう改善する。」




    「杖や歩行器など補助具を使って、それで動くのが楽になれば、それだけ長く歩くことができるし、行動範囲も広くなる。」




    「1週間に一度たくさん歩くよりも、家の周辺をすこし、毎日歩くことが大切」とおはなしされました。




    いかに腰や膝の負担を軽くしてあげて、日々の行動範囲を広くできるかが健康維持の秘訣のようです。

    ノルディック教室だけど「正しい手洗い」講座

    2021-07-07


    7月1日、自主学習教室「ノルディック教室」があり、その中でわかみや病院の出前講座を活用し「正しい手洗い」講座をおこないました。








    教室生の中から「昔から住んでいるところは水不足の地域で、石鹸で手を洗うと水がもったいない」という声があったためです。




    コロナ禍の今、石鹸で手を洗うことがいかに大切か。手に菌がついているか見ることのできる特殊な装置で確認。手洗いしても洗い残しがあることが確認できました。「えー!まだ汚れが残ってる!」




    「正しい手洗い」を実演。「なるほど、親指や爪、手首もよく洗わなねー」




    手洗い講座後は、いつものように公民館周辺をノルディックウォークしました。

    ピアノ演奏鑑賞会(ロビーコンサート)

    2021-07-01


    6月26日、大山公民館のロビーでピアノ鑑賞会を開催しました。




    ピアノ奏者は黒川さん、穴井さん、佐藤さん。




    大山っ子チャレンジ教室受講生と自主学習教室生が鑑賞しました。








    連弾のリハーサルにチャレンジっ子は興味深々。

















    皆さん馴染みのあるクラシックや歌謡曲を演奏し、聴講者の心を癒してくださいました。

    くるくる回るカライドサイクル~大山っ子チャレンジ教室

    2021-06-28


    6月26日、大山っ子チャレンジ教室がスタートしました。




    本年度は小学校5・6年生16名の受講生で1年間体験活動をおこないます。











    第1講は「カライドサイクル」作りをしました。




    ギリシャ語で「Kalos(美しい)」「Eidos(形、模様)」「Kyklos(輪)」をもとにして作られた言葉「カライドサイクル」




    この不思議なリングは数学者が考えだし、芸術家とともに本で紹介したものです。








    本年度はチャレンジ教室のサポートをしてくれる中学生ボランティアが4名手をあげてくれました。小学生に教える前に、まずは自分で作ってみる中学生。








    お互い協力し合って作業をすすめました。








    中学生もサポートに入ります。












    四面体をじゃばらつなぎにすると、花が咲くように永遠にくるくる回り続けます。色紙を貼ったり、オリジナルの絵を描いたり、自分なりにカスタマイズしました。

    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市大山公民館, All Rights Reserved.