HOME>当公民館について

    大鶴地区ならびに大鶴公民館の概要

     大鶴地区は日田市の西北で福岡県との県境にあり、西に福岡県朝倉市と東峰村と隣接し、西・北・東を畔倉山(470.7m)上宮山(644.8m)・田代山(342.7m)などの英彦山の支脈の山野で包まれた東西6.3km、南北12.9kmの細長い山間の地です。地域には大手酒造会社を2社も有するように清浄な水に恵まれ、地味肥沃で農耕に適した地域です。また、平安時代に相撲の神様とまで云われた日田郡司職を務めた日田殿(ひたどん)こと大蔵永季のお墓をはじめ、大正期から昭和期にわたって日本銀行総裁および大蔵大臣を歴任した井上準之助の生家など歴史的に興味深い場所も多く残っています。
     現在大鶴地区は、7自治会(鶴城町、上宮町、鶴河内町、大鶴本町、大鶴町、大肥本町、大肥町)で構成され、人口は1,519人(566世帯)、高齢率39.08%です。
     当公民館は、山間地の中央部、北東から流れてきた鶴河内川と北側宝珠山から流れてきた大肥川の合流点近くの台地、風光明媚の元静修小学校跡地に平成26年4月に新築移転をしました。大鶴振興センターが併設された公民館は、恵まれた環境であり、移転後利用者数は有り難いことに大変増加しております。本年度も公民館主催の教室や事業を数多く計画しておりますし、世代を超えた交流の場として、生涯学習の場として、又地域づくりの場として多くの皆様に気軽にご利用いただきたいと思います。

    住所、交通のご案内

    〒877-1104 大分県日田市大鶴本町870
    電話番号:0973-28-2846
    FAX番号:0973-28-2122

    Copyright(c) 日田市大鶴公民館, All Rights Reserved.