HOME>当公民館について

    三芳地区ならびに三芳公民館の概要

    三芳地区は日田盆地の東部に位置し、10町(刃連町・下井手町・三芳小渕町・大部町・桃山町・小ヶ瀬町・日高町・神来町・求町・古金町)からなり、世帯数約2,250世帯、人口約5,600人と日田市内でも大きな地区です。
    三芳の地名は明治22年に大字田島・求来里・日高の三地域を合わせて三芳村と名付けたのが始まりとされています。
    三芳公民館は昭和34年に始めて建設され、昭和54年に旧館が、平成29年に現在の公民館が建設されました。
    基本方針としては「活力ある三芳」創りを基本とし、
    ①「あかるい三芳」「すこやか三芳」「すみよい三芳」創り。
    ②社会教育と学校教育が連携を図る。
    ③日田市教育行政実施方針が示す「明日の日田を築く、心豊かな人づくり」を目指す。
    これら3点を地区の実態を考慮しながら特色ある社会教育の推進と地区住民の有効利用施設としての運営に取り組み、地域に密着し住民が積極的に参画できる公民館運営を行なうことで気軽に利用できる公民館及び地区住民による「まちづくり」の拠点となれるよう努力します。

    住所、交通のご案内

    〒877-0038 大分県日田市下井手町989番地
    電話番号:0973-22-1491
    FAX番号:0973-22-1495

    Copyright(c) 日田市三芳公民館, All Rights Reserved.