HOME>当公民館について

    三花地区ならびに三花公民館の概要

    三花地区は日田市の北部に位置し、北側を中津市山国町と隣接している。  
    大石峠を分水嶺として筑後川の支川『花月川』が流れ、地域の中心を国道212号(中津~阿蘇)が南北に通り、沿線や周辺に集落、居住区が広がっている。
    三花地区には、天神町・清水町・三和団地・財津町・藤山町・秋原町・市ノ瀬町・小河内町・伏木町、9つの町内があります。
    『三花』という名の由来は、明治22年三和村と花月村が合併した際に、両村名から一文字ずつとって名づけたものです。
    面積は33.6平方km 人口4,804人 世帯数1,713世帯(平成24年8月31日)

    三花公民館の運営方針『人と地域が元気なまちづくり』
    現在の三花公民館の建物は昭和58年12月に開設され、木造2階建の面積410.86㎡で、部屋は大小5部屋と調理室があります。
    現在、「人と地域が元気なまちづくり」をスローガンに、地区内の諸団体と協力しながら、未就学児童から高齢者まで様々な年代を対象に社会教育事業を行っています。
    特に、高齢者を対象にいつまでも健康で「自分らしく生きるため」を目指し、認知症予防学習教室「すずめの学校」の開設や、三花の地名にちなんだ三つの花を地域をあげて道路沿線や広く家庭に普及している。

    住所、交通のご案内

    〒877-1225 大分県日田市藤山町2715-2
    電話番号:0973-24-9144
    FAX番号:0973-24-9944


    大きな地図で見る

    Copyright(c) 日田市三花公民館, All Rights Reserved.