チャレンジ教室 干潟観察会と潮干狩り体験

    2014-05-11

    5月11日(日)
    中津 大新田干潟にて
    チャレンジ教室 干潟観察会を
    NPO法人 水辺に遊ぶ会 足利由紀子先生を講師に迎え行いました。
    まず、干潟とはお話をいただきました。
    日本で一番大きな干潟は有明海、2番目に大きな干潟が中津であること。
    干潟は日田のような内陸部の山から流れる川から栄養をたくさん運んでもらっていることを教えていただきました。

    DSCN1890 DSCN1888

    環境問題についても話していただき
    私たちの流したプラスチックなどが海に流れていき細かく砕け生き物が食べ物と間違い食べてしまうこと
    網やプラスチック製品が海に流れることで生き物が死んでしまうことも教えていただきました。

    DSCN1896 DSCN1900

    貴重なカブトガニの標本や、干潟で見つけられた亀の甲羅、クジラの骨、スナメリの骨などいろいろと見て、触らせてもらいました。

    その後、いよいよ干潟へ

    DSCN1927 DSCN1920

    穴があったり、カニが走っていたり、たくさんの生き物がいます。

    DSCN1909 DSCN1933 

    本日の最大目標 カブトガニも発見!

    DSC_0672.jpg

    エビ、カニ、ハマグリなどの貝などいろいろな生き物を見ることができて、最後にカブトガニも見つけることができました。
    目をキラキラさせながら干潟を見て回る子供たちの姿が印象的でした。
    足利先生ありがとうございました。

    お弁当を食べた後、和間海浜公園へ潮干狩り
    半分ぐらいの子供たちが初体験!
    ゴールデンウィーク明けで厳しかったですが、みんな頑張って潮干狩りをしました。

    DSCN1939
    干潟の生き物に夢中でまったく貝を掘らないままの子供もいましたが
    ほとんどの子が「母の日」のプレゼントとして、がんばって掘りました。

    DSC_0677_2.jpg
    今日はお家でアサリを食べてるかも知れませんね。

    Copyright(c) 日田市小野公民館, All Rights Reserved.