マダガスカルからこんにちは&第1回小野小学校クバーラ大会

    2014-02-19

    2月18日(火)
    小野小学校にて国際理解を目的とした、JICAの方による講演と
    第1回クバーラ大会を開催いたしました。
    まず、最初にJICA九州(九州海外協力協会)の佃麻実さんによる
    「マダガスカルからこんにちは!」という演題で5,6年生に講演を行いました。
    C360_2014-02-18-13-57-01-865.jpg

    C360_2014-02-18-13-51-27-421.jpg

    佃さんのマダガスカルでの2年間の経験をもとにしたお話。
    マダガスカルと日本の違いや、生活をわかりやすく話していただきました。
    子どもたちのマダガスカルのイメージは
    自然が豊かで、マダガスカルにしかいない動物(固有種)がいるなど
    事前に学校の授業で勉強していたとはいえ佃さんも驚いていました。
    しかし、マダガスカルでは森林が90%も伐採され、
    しかもそれが私たちや世界の人々の生活を豊かにする為であることを知り子どもたちも驚いていました。
    そんな、遠い国の子どもたちも学校で真剣に勉強し、
    夢を持っていることは私たちと同じで、遠い国だけどその国で起こっていることを
    他人の事と思わず真剣に考える必要性を佃さんは子どもたちに教えてくれました。
    ありがとうございました。

    その後は1月から毎週月曜日に練習してきたクバーラの総決算
    第1回小野小学校クバーラ大会 を行いました。
    クバーラは3~6年生までの子どもたちが参加し開催。
    DSCN1652 DSCN1615

    DSCN1616 DSCN1644
    最後の作戦をチームで確認し、開始しましたが、
    きちんとした試合ということもあり、とても真剣で素晴らしい試合の連続。
    チームは3~6年生の約10人の混合チームなので
    6年生が主に試合に出れば勝つ可能性が大きくなりますが
    6年生がリーダーとなり皆が同じように出場できるようにしている姿がとても印象的でした。
    DSCN1691 DSCN1697
    順位は一応つけましたが、みんな素晴らしかったです。
    最後、佃さんにお礼の言葉を言って終了しました。
    DSCN1698
    子どもたち、佃さん、小学校の先生方お疲れ様でした。
    ミソーチャ!(マダガスカルの言葉でありがとう)

    Copyright(c) 日田市小野公民館, All Rights Reserved.