地域づくり講演会を開催しました。

    2019-02-27

    2月25日(月)、前津江公民館において「地域づくり講演会」を開催し、地域住民34名が聴講しました。

    講師に、佐賀県地域づくりネットワーク協議会会長の多良さんをお招きし講演をいただきました。

     


     

    多良さんの所属する吉野ヶ里町地域おこしグループ「さざんか塾」は平成5年に発足して以来25年間様々なまちづくり活動を実践しています。

    廃耕田のコスモス・菜の花の栽培、草刈り、河川浄化などの環境づくり

    食と農の取り組み(そば・大豆をこどもたちと栽培・収穫・味噌づくり)

    日本茶発祥地としてPRイベント

    映画自主上映

    講演会企画

    竹をテーマにしたまちづくり(竹活用)

    次世代を担う子供たちの育成事業 など

    現在13名の塾生とのことですが

    基本理念「いろいろ考えるより先ずやってみよう!本気を出せば何でもやれる」をモットーに幅広い活動をされています。

     


     

    多良さんは「65歳から75歳のアクティブシニアこそが、地域おこしに活躍する世代。」

    「市民運動」でなく「志民運動」を起こそう!市民税でなく「志民税」を払おう!

    「志民税」の「志」=「汗・知恵・技術」です。

    「一人一品運動」をしよう!「一人一品」=「一人が得意なもの」を持ち寄りましょう!

     


     

    自分を活かす生きがいづくりとやりがいづくりのポイントは

    ”楽しみながら、半ボラ活動”

    例えば、自分の健康と趣味のため散歩する。これは自分のための行動です。

    ついでにビニール袋を持って、散歩の道すがらゴミを拾う。すると自分のためプラス地域社会の役にも立てる。」

    「無理をしないで、出来るときにできることを」

    とお話しされました。

     

    Copyright(c) 日田市前津江公民館, All Rights Reserved.