淡窓の心、淡窓の教え どう生かすか ~咸宜学~

    2018-09-27

    9月27日(木)「咸宜学」の第5講を開催しました。

    前回、前々回に引き続き、廣瀬資料館の中島龍磨館長を講師にお招きし、

    「淡窓が今に生きる私たちに願うこと期待すること」と題して講演していただきました。

    前回までは、淡窓がやってきたこと、残したものについて学びました。

    今回は、その淡窓が残してきたものを、現在にどう生かしていくのか、

    また、どのように生かされているのかを話していただきました。

    今までにない淡窓の講話で、とても勉強になりました。

     

    休道の詩、月旦評、万善簿など学習 ~咸宜学~

    2018-08-30

    8月30日(木)「咸宜学」の第4講を開催しました。

    前回に引き続き、廣瀬資料館の中島龍磨館長を講師に招き、

    「休道の詩に託す、淡窓の思い」と題して講演していただきました。

    今回も最初にテーマである「休道の詩」を詠んでいただき、

    その意味や、込められた思いなどを解説していただきました。

     

    また、咸宜園の意味や行ったこと、

    月旦評や万善簿などについても詳しく説明していただきました。

     

    中島館長には来月もう1回来ていただき、講演していただきます。

    今度の講演もよろしくお願いします。

    淡窓と敬天の心 「咸宜学」第3講を開催

    2018-07-26

    平成30年7月26日(木)、「咸宜学」の第3講を開催しました。



    今回から3回、廣瀬資料館の館長 中島龍磨氏を講師に招き、

    廣瀬淡窓と咸宜園について学習していきます。

    今回は「淡窓と敬天の心」と題しまして、講演していただきました。

    まず最初に、中島館長が廣瀬淡窓に扮して「休道の詩」を詠っていただきました。



    その後、廣瀬淡窓や咸宜園教育の話、

    敬天の心と敬天の実践についてお話していただきました。



    感謝の気持ち(敬天の心)を持つだけでなく、

    それに対して何かを実行すること。(積善)

    これが、淡窓が今に生きる私たちに期待していることではないだろうか。

    ということで、今回の結びとなりました。

    中島館長、あと2回の講演もよろしくお願い致します。

    大原八幡宮の話と雅楽の調べ ~咸宜学~

    2018-06-28

    6月28日(木)、咸宜学の第2講を開催しました。

    今回の講師は、第1講に引き続き

    大原八幡宮の宮司、橋本國房さん。



    そして今回は、雅楽も聴かせていただけるということで、

    大原雅楽会の皆さんにも来ていただきました。



    受講生のほとんどが、雅楽を聴くのは初めて!

    生演奏に感動されていました。

     
     

    雅楽の演奏の後は、大原八幡宮についての講話。

    雅楽会の皆さんも一緒に聞かれていました。

     

    咸宜学スタート! 今年の第1講は大原八幡宮について

    2018-05-31

    昨年度、短期開催講座として3回開催した「咸宜学」。

    今年度は通年講座として毎月1回開催。5月からスタートしました。



    5月31日(木)に開催した第1回目の講座では、

    大原八幡宮の宮司 橋本國房さんを講師に招き、

    神宮や大社、稲荷など神社のことや大原八幡宮について学びました。

       

    橋本さんには6月にもう一度来ていただき、

    大原八幡宮についてさらに詳しく教えていただく予定です。

    咸宜学 終了! 最終講は「廣瀬淡窓と咸宜園の教育」

    2017-12-14

    今年度、新しく始めた「咸宜学」

    12月14日(木)、あっという間に最終講となりました。



    今回は、咸宜園教育研究センターの研究員 深町浩一郎さんを講師に迎え、

    「廣瀬淡窓と咸宜園の教育」と題してご指導していただきました。



    咸宜地区に住んでいながら、咸宜園、廣瀬淡窓の名前は知っているけど

    具体的なことは知らないという方が多く、

    今回の講座でよく知る事ができたみたいです。

     

    これで、今年度の咸宜学は全て終了!

    準備期間が短かったため、3回の講座でしたが、

    来年度はもっと計画を練って、今年以上に充実した講座を開催したいと思います。

    咸宜学 第2講「廣瀬久兵衛と小ヶ瀬井路」廣瀬久兵衛が登場!

    2017-12-07

    12月7日(木)、「咸宜学」の第2講を開催しました。

    今回のテーマは、「廣瀬久兵衛と小ヶ瀬井路」

    講師は廣瀬資料館の館長、中島龍磨さんです…



    が、最初に登場したのは、なんと、

    廣瀬久兵衛、ご本人でした!



    そしてことらが、中島館長!?



    一人二役で、とっても楽しく、わかりやすく説明していただきました。

    今回の講座は、久兵衛が小ヶ瀬井路を造る48歳までの話。

    参加者からは、その後の久兵衛の活躍も是非聞かせてほしいとの声が上がりました。



     

    新規事業「咸宜学」スタートしました!

    2017-11-30

    咸宜公民館で今年度新しく始める事業「咸宜学」!

    第1講を11月30日(木)に開催しました。

    今回のテーマは、「咸宜地区の成り立ちと文化財」

    日田市教育庁文化財保護課の行時さんに講師として来ていただきました。



    「咸宜」の意味、自治会、地名のいわれや

    咸宜地区の遺跡や文化財などを説明していただきました。

    咸宜地区の地中にはたくさんの遺跡があることに、参加された皆さんビックリしていました。

     

     

     

    Newer Entries »
    Copyright(c) 日田市咸宜公民館, All Rights Reserved.