和紙人形展 ~記憶の中の上津江の風景~

    2016-05-26

    現在、上津江公民館では矢野しのぶさんによる和紙人形16作品を展示しています。







    作者の矢野しのぶさんは中津江在住ですが、
    各作品はご自身が子どもの頃に見ていた上津江の農村風景や
    兄の井上揚佑さん(上野田)が描いた絵をもとに、
    和紙人形を使ってジオラマ風に再現したものということで、
    今回は上津江で披露する事になりました。





    写真とはまた違った暖かい雰囲気が伝わってきますね。
    よく見ると細かい部分までしっかりと作り込まれていて、
    手ぬぐいや着物柄の和紙の組み合わせや、
    自然の石や植物をうまく利用した楽しい作品になっています。



    実際の農作業をご本人も手伝ったりしていたそうですが、
    まだ幼かったころの記憶を思い出して再現したそうですので、
    各農作業の細かい部分は色塗り等でも協力してくれた井上揚佑さんに尋ねて下さいとのこと。
    また、猫好きの矢野さんらしくあちこちに手作りの可愛い犬や猫がいますので、
    探してみるのも楽しいですよ。
    ※当展示は6月20日までとなっており、平日の8:30~17:00にご覧になれます。

    Copyright(c) 日田市上津江公民館, All Rights Reserved.