令和2年度 よるごはん第2講「かつどん」

    2020-09-08

    9月8日(火)、よるごはんの活動を行いました。
    今回のメニューはかつ丼!

    具材はとてもシンプルで、豚肉、たまねぎ、卵、三つ葉、生パン粉です。

    今回のポイントは3つ!
    ➀豚肉はすじ(筋膜)に包丁を入れておくことで、おいしくなる
    ➁パン粉は生パン粉を使う揚げたとき膨らむので、カリッとあがる
    ➂仕上げの卵は2回にわけて注ぐ

    IMG_1693

    味付けは親子丼、牛丼などと似た部分が多く、様々なアレンジができそうです。
    参加者からは、「今まで食べた(外食を含め)かつ丼のなかで一番おいしかった」との感想も上がりました。

    園田先生、有難うございました。

    令和2年度 第2講成人セミナー

    2020-09-08

    9月8日(火)、成人セミナーの第2講を行いました。

    今回の活動は人権学習会。
    五和地区の地元企業であるぴぃたぁぱんの家の三宮氏を講師にお招きし、ぴぃたぁぱんの家の取組み、経営理念、障がい者の方を取り巻く環境を中心にお話をして頂きました。


    ぴぃたぁぱんの家は平成8年にパン事業を中心に最初は小規模事業所としてスタートをされ、その後平成15年には社会福祉法人となり、現在までに喫茶部門や、コーヒー部門、BDF部門と様々な事業を展開されています。
    障がいを持たれた方の適正に合わせて働くことができるようにと、パン事業だけでなく様々な事業を展開していったそうです。
    店舗のある周辺住民の方に喫茶を開放したり、清掃活動に参加したりと、地域の方との交流も積極的に行われています。

    障がい者の方を取り巻く環境の話の中では、具体的な全国の平均賃金についての言及もありました。
    厚生労働省が平成30年に行った調査によると、就労継続支援B型事業所の平均工賃は月額16,118円、時間額は214円。
    就労継続支援A型事業所の平均賃金は月額76,887円、時間額は846円。
    あくまでも上記は平均の数値であり、ぴぃたぁぱんの家は事業を多方面に展開し収益を確保することで、働いている障がいをお持ちの方に還元し、経済的にも独立できるように頑張られています。


    また、今回の新型コロナウイルスの影響により、全国では障がい者の方も職を失う方が多く有ったとのことです。
    私自身今まで知らなかった事ばかりで、とても勉強になりました。


    講演会後は会場からは、講演会の内容をより掘り下げるもの、日田市の現状についてさらにきくものなど質問が多くでました。
    障がい者の方への思いやりを深めると共に、地元企業の活動を知る学びの多い講演会となりました。

    IMG_1675

    三宮さん、お忙しい中講演会を行って頂き有難うございました。

    令和2年度 「第3講幸齢者マナビ塾」

    2020-09-03

    9月1日(火)、幸齢者マナビ塾の第3講を開催しました。

    夏の暑さもあり、参加者はいつもより少なかったです。

    血圧測定を行い、健康リーダーさんによる健康体操!
    水分補給を多く取り入れながら、しっかりと身体を動かします。

    続いては、東部地域包括支援センターの権藤さんによる脳トレ。
    計算問題、数字つなぎと、4枚のプリントがあったのですが、皆さん集中して取り組まれ、計算問題はほとんどの方が時間内に完了をされていました。

    そして最後は「防災講演会」
    女性セミナーでもお越しいただいた、NPO法人リエラの松永さんにお話をして頂きました。
    生きるために必要なもの5つはなに?という投げかけがあり、思わず私も考え込んでしまいました。

    正解は、➀空気(ないと3分が限界) ⓶体温維持(体温保持できなければ3時間で危険) ➂水(給水できなければ3日で危ない) ➃火 ⓹食べ物(30日間で危ない)  とのことです。
    ついつい非常用持ち出し袋を準備する際、食べ物を多く入れてしまうことがありますが、命の危険までの期間が短いものを意識して準備することも大切であると感じました。
    他にも入れ歯、眼鏡、普段服用している薬や、お薬手帳は避難所での生活が長引いた場合、とても大切になります。
    自分が必要なものを今一度考えて荷物をまとめておくようにしましょう。

    また、講演会の中では100円ショップで手に入る防災グッズの紹介もありました。

    松永鎌矢さん、貴重なお話をしていただき、有難うございました。

    令和2年度 「第2女性セミナー」

    2020-08-28

    8月28日(金)、「第2回女性セミナー」を開催しました。

    講師にNPO法人リエラの松永鎌矢先生にお越しいただき、「避難・避難所」について学習をしました。
    IMG_1659
    改めて考えてみると、避難場所を知っていたとしても、避難場所での生活や運営について知る機会というのはほとんどありません。
    今回の学習テーマも、年間活動計画を決める際に、受講されている方からの声で決定いたしました。
    IMG_1662
    避難所の種類や、避難時の注意事項、今年発生した災害での避難所の様子や、なぜ住民による避難所運営が重要なのかについてお話をして頂きました。
    災害が起きず、避難所での生活もしなくて済むことが理想ではありますが、今回のように事前に学習をし考える場を設けることで、受講された皆さんの防災意識の向上や、不安解消につながれば幸いです。
    私自身、避難する場所は知っていても、避難所での生活まで想像したことがなく、今回の学習は改めて自分の家の備蓄・避難する際の荷物を見直す良い機会となりました。

    松永鎌矢先生、お忙しい中おこしいただき有難うございました。

    令和2年度 第1回男の料理教室

    2020-08-25

    8月25日(火)、令和2年度第1回男の料理教室を開催しました。

    今回のメニューは「よるごはん」と同じで「牛丼」!

    具材はシンプルに玉ねぎ、生姜、牛肉のみです。

    皆さん手際が良く作り始めて1時間もしないうちに完成!

    IMG_1656

    生姜が程よく効いた美味しい牛丼ができ上がりました。

    次回は9月29日(火)、ナポリタンスパゲティーを作ります。

    令和2年度 チャレンジ寺子屋

    2020-08-17

    8月17日に新企画として石井小学校の児童を対象とした「五和チャレンジ寺子屋」を開催しました。

    新型コロナウイルスの影響があり、開催するかを最後まで悩みました。
    しかし夏まつりや、イベントごとが軒並み中止となり、少しでも子ども達の思い出作り・学習の場を作りたいとの思いから、感染症対策を徹底することで開催することにしました。

    今回は1年生から5年生の計16名が参加をしてくれました。

    午前中は学習の時間。
    地域の教職に携わられていた方を中心に、高等学校の教員の方にも講師としてお越しいただき、館長・主事合わせて7名で学習の補助をおこないました。
    寺子屋の約束事として、分からないところは恥ずかしがらずに積極的に質問しようを掲げました。
    普段教室では質問しにくいところも、積極的に質問を行い、皆集中して学習に取り組みました。

    昼食は五和公民館主催事業の「男の料理教室」から有志でメンバーを募り、カレーライスを作って頂きました。
    朝9時から仕込みをし、丁寧に具材を煮込んで味がしっかりとしみこんだカレーは絶品でした。


    午後からは木育・工作の時間。
    講師として髙村製材所の髙村真志氏・髙村虎志郎君、日田木材協同組合の宮崎桂一氏をお招きしました。
    木育の授業では石井小学校6年生の髙村虎志郎君が、林業についてパネルを用いて説明をしてくれました。
    IMG_1632
    その後、髙村真志氏・宮崎桂一氏の指導の下、木材を使った工作「木のおもちゃ箱」を行いました。
    IMG_1633
    釘打ちに慣れていない児童のところには、男の料理教室のメンバーが補助に入り、最後は全員木の良い香りのするおもちゃ箱を完成させることができました。

    今回の企画でも本当に多くの方にご協力を頂き、今回の開催目的である「子ども達の思い出作り・学習の場を作る」という目標を達成することができました。
    ご協力を頂きました皆様、本当にありがとうございました。

    令和2年度 第1回「よるごはん」

    2020-08-17

    8月17日(月)、令和2年度第1回「よるごはん」を開催しました。

    IMG_1650

    今年の2月から間があき、久しぶりの開講でした。
    今回のメニューは牛丼。
    新型コロナウイルス対策として、加熱するもの、不特定多数が同じ食材を触らない等の条件のもと、個人個人で簡単に作れる丼ものとなりました。

    糸こんにゃくによるかさましテクニック、アメリカ産の牛肉に牛脂を混ぜることで味の深みを増す方法をとり、とても美味しい牛丼ができ上がりました。

    今後も新型コロナウイルスへの対策をしつつ、活動をおこなっていきます。

    次回は9月7日(月)かつ丼を作る予定です。

    令和2年度 「第2回幸齢者マナビ塾」

    2020-08-04

    8月4日(火)、令和2年度第2回目の幸齢者マナビ塾の活動を行いました。

    血圧測定、頭の体操、健康体操を行った後は、小野幸夫先生による腹話術を観覧しました。

    IMG_1620

    途中に腹話術をした状態で歌の披露もあり、会場からは自然と手拍子が聞こえました。

    小野先生お忙しい中遠方よりお越しいただき有難うございました。

    次回は9月1日(火)、「防災」について学習する予定です。

    令和2年度 第1回幸齢者マナビ塾

    2020-07-21

    7月21日(火)令和2年度第1回幸齢者マナビ塾を開催しました。

    久しぶりに来館される方も多く、皆さんの元気な笑顔を見ることができ、とても嬉しく思いました。

    新型コロナウイルス対策の為、今まで学習室で活動をしていましたが、参加者同士が距離をとれるよう今年から集会室に変更をしました。

    今回の活動は 血圧測定、健康体操、頭の体操、健康講話。

    本年も東部地域包括支援センターさん、五和地区の健康リーダーさんにご協力を頂きながら活動をしていきます。

    健康講話では日田市役所の保健師さん・栄養士さんにお越しいただきました。
    夏バテにならないための食生活、そして、熱中症予防についてです。
    今年はマスクをして過ごすことが多いですが、マスクをつけていると喉の渇きを感じにくくなります。
    意識して水分を取るようにすることが大切です。

    次回は8月4日(火)、血圧測定、頭の体操、健康体操、「腹話術」の予定です。

    令和2年度 第1回成人セミナー

    2020-07-14

    7月14日(火)令和2年度第1回女性セミナーを開催しました。
    年度の最初の回ということもあり、開講式を行った後、矢羽田健太氏をお招きし防災についての学習会を行いました。

    IMG_1599

    洪水があった当時の映像を見て、改めて水害の恐ろしさを感じました。
    平成27年度洪水があった当日、日田市内は天気予報ではそこまでひどい予報ではなかったそうです。
    ですが、北部(川の上流)で大雨が降り水位があがったため被害が発生しました。
    天気予報を見る際は、自分達の住んでいる地域だけではなく、河川の上流部の予報も注意してみる必要があるとのことでした。

    講演会を拝聴して、今後は私も天気予報を見る際は意識をしてみるようにしようと思いました。

    矢羽田先生、お忙しい中ご講演をいただきありがとうございました。

    « Older Entries
    Copyright(c) 日田市五和公民館, All Rights Reserved.